MENU

園のこだわり

響き

2013/06/19

先日、高1になる息子の高校総体の応援に行きました。
もちろん、1年生の息子が出る訳ではなく
有終の美を飾る3年生の応援です。

目につくのは、応援席に掲げられる横断幕や応援旗。
「己に勝て!」「一寸先は光」「地道に前進」・・・
と柔らかい言葉が目立ちます。

一昔前は、「克己」「忍耐」と
ごつごつ太文字の漢字が多く、精神面を強調する熟語でしたが
今は、メッセージ性ある表現で胸に響くような言葉に共感し
チームの結束につなげているように感じます。

言葉には、人の力を引き出すパワーがあります。
私の好きな言霊です♡

今、話題の”DJポリス”の活躍も・・・
「怖い顔したお巡りさんも喜んでいます」
「私たちは12番目の選手です」・・・と
拡声器に向い、注意や避難の言葉を使うのではなく
心に伝わる受け入れ、共感するアナウンスで
大衆の心をつかみ、交通と安全を確保し
一躍話題の人となりいました。

ブラウン管を通して流れる”DJポリス”の語りかけに
私たち保育士も、
むやみに子どもたちを叱ったり指示や命令、強制することなく
一人ひとりの気持ちを受け入れ共感する大切さ
言葉の大切さを改めて感じることでした。

胸に響く言葉・・・
それは共感するから響くわけで
私もそんな話術ができる女性、母そして保育士になりたい・・・
と思います。

子どもたちの気持ちを代弁できる・・・
それは心に余裕が必要なのかもしれません。
フ~ひと呼吸・・・
まずは、心に風通しを・・・

非常勤 牛垣

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?