MENU

園のこだわり

「絵」ってむずかしい?

2013/08/05

今日のきらきら組(5歳児)の活動は
「絵」を描くことでした。

9月に開催される「南日本ジュニア美術展」
に出品するための絵・・・を、ためしに描いてみました!
私自身、絵を描くことが大好きなので、
子どもたちが絵を描く姿を見ると
一緒に描きたくなってワクワクしてしまいます!

普段、子どもたちは色鉛筆を使って、
個人の自由画帳にお絵描きをしているのですが、
クレヨンと絵の具を使って描くというのは
久しぶりです。また、色鉛筆とは
使い方も、感覚も全く異なります。
色はもちろんの事、力加減や濃淡で、味が変わってきます。

だから、〝画用紙1枚″
を渡され、いざ描くとなれば、肩に力が入る子どもたち。
「今日は何を描けばいいの?」「どうやって描くの?」
と、いつもはない質問が出てきました。

「自分の好きなもの何でもいいよ!
お家の事でもいいし、好きな動物でもいいし、
保育園で楽しかったことでもいいし。」
と言うと、すぐに笑顔になり、何を描こうか考えだしました。

花火、プール、動物園・・・・・

そこで、描く前にいくつか約束をしました。
その中で特に子どもたちに強く伝えたのは・・・

〝大きく描くこと″!!

いつも自由画帳の隅や、真ん中に小さく描く子が
多いようです。大きく描くということをしていないので、
簡単なようで、実は難しいようです。

「画用紙からはみ出るくらい描けるかな?」

と言っても、4分の1くらいになってしまい・・・・

「せーんせーい!大きくって・・むずかしー!なんで大きく描くの?」

と聞かれてしまいました。
そういえば理由を言っていない・・・・。

「みんなが何を描きたかったのか、見るひとにとって
大きく書かれていた方が見やすいし、描いた時の
気持ちが伝わりやすいからだよ!」

と言いました。

返事は・・・「へぇー(・ー・)」。(笑)

そのあと、楽しく夢中になって描いている
子どもたちでした。

今後も何回か描いて、子どもたちが
自分の思いを描けるように、サポートしていきたいと思います。

太陽グループ 栗野

 

 

 

 

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?