MENU

園のこだわり

息子との時間

2013/10/25

現在、長男が福岡に住んでいます。

社会人になり鹿児島に就職したものの

会社内の移動に伴い、今年の4月より

福岡で生活することになりました。

 

大学時代も福岡で過ごしていたため

本人にとっては、さほど心配することもないようでした。

ただ2年間、自宅から通っていたこともあり、

「朝、起きれるだろうか?食事が面倒くさいな!」

と、自宅生活で手を掛け過ぎ甘やかしてしまったせいか??

心配していました。

 

保育園の同僚の中にも

独り暮らしをしている先生がいます。

その先生たちと息子を重ねてしまうことがしばしば・・・

 

息子は月1回、必ずと言っていいほど

鹿児島に帰ってきます。

 

「うるさいのが帰ってくる!」

なんて、夫と言いながらも、

なぜか嬉しくなる我が家です。

 

独り暮らしの先生たちも体だけは大切にしてね!

と思いながら、時には実家に帰って甘えてみたら・・・

なんて、余計なことを考える「わ・た・し」です。

 

家族って、いいものです。

みんな、独りじゃ寂しい!

互いに思い合い、愛しむって家族だからですもんね。

 

先日、Y屋の掛け金が満期になり、

帰省中の息子と買い物をしていました。

ちょっと、太っ腹になった私は、

「買いたいのあったらどうぞ」

と、優しい言葉を掛けていました。

「じゃ~、この靴を・・・」

「いいよ」

「ありがとう❤」

息子の素直な言葉に、ちょっと嬉しくなりました。

学生時代は、買ってもらって当たり前だったのに。

社会人という自覚と

改めて独り暮らしをして

有難みがわかったのか!?

 

 

今は小さい子どもたちも

きっと、立派な大人になることでしょう!!

楽しみだな~☆

わく・のび・きら 月グループ 青屋

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?