MENU

園のこだわり

誇らしげ

2013/10/28

成長が目に見えてわかる、ぐんぐん組の子どもたち。
色々な面での成長がありますが
夏の時期、水遊びやシャワーを通して
衣服の着脱、たたむ作業もとても上手になりました。

そんな中、10月からはお昼寝時にパジャマを着用しています。
普段から着ている服にはなかった
前開きのボタンのパジャマが登場してきました。
そのパジャマは数名なのですが
意外と上手にボタンをはめられるのです!!

一つ難しいのが・・・
長袖パジャマに袖を通すこと!!
自分でやってはみるものの、上手く通せずイライラし
泣きべそ顔で助けを求めてくる子も・・・。

まず、子どもにパジャマの肩の部分を握ってもらい
「ワン・ツー・スリー!!」で頭を越して一気に背中へ。
頑張っているところです。

ある時、Mちゃんに握るところを知らせると
そこから一人で上手に右手、左手と袖を通すことができました。
「すごいね~できたね~!!」と喜んで褒めると
Mちゃんは誇らしげ♡
そして、私は別の子の手助けをしていると・・・
私の真横に立つ子が。

なぜか肌着姿の少し笑みを浮かべたMちゃん。
「えぇ!?また脱いだの?」と思わず聞き、
また握る部分だけ知らせ、もう一度「ワン・ツー・スリー!!」(笑)

『着れたのが嬉しかったんだなぁ☆』と思いながら
別の子を手伝っていると・・・
また私の真横に立つ子が!!

やっぱり肌着姿で少し笑みを浮かべたMちゃん(笑)
「えぇ~!!」とオーバーリアクションの私を見て
さらに嬉しそう♡

3回目の「ワン・ツー・スリー!!」
そして満足したMちゃんは、ボタンもはめ
無事にベッドへ歩いて行きました。

Mちゃんにとって、少し難しかったこと。
でもそれが出来るようになって本当に嬉しかったのだなぁと感じました。
生活の中のほんの一場面ですが
この経験の積み重ねが大事だと改めて思います。

子どもたちの自信をもった誇らしげな顔が
一つでも多く見られるよう
保育者として関わっていきたいと思います。

ぐんぐん組 遠藤

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?