MENU

園のこだわり

見えないチカラ

2013/10/31

先日、ある通信教育の冊子の文章に

とても興味を持ちました。

 

「2歳の今

見えないチカラを伸ばしてあげませんか?」

 

ちょうど、るんるん組の子ども達、そして娘と

同じ時期の子ども達の成長と子育てについて

書かれていました。

 

見えないチカラとは、言葉の多さ、数が数えられるといった

「できる・できない」がすぐに見える力ではなく、

「相手を思いやる」「自分なりに感じ、考え、表現する」

など目には見えないけれど大切な力のこと。特に、

 「好奇心」

 「想像力」

 「人と関わる力」

 「考える力」

 「表現力」

とありました。また次のことも書かれていました。

 

これまでの日本の学校教育では、知識を覚え、

そこから答えをだすということに重点が

置かれていました。しかし、実際に人生で出会う問題には、

答えが用意されているわけではありません。

困難に直面した時に大切なのは、周囲の仲間と

よい関係を築きながら、自分を生かしていく力や、

知識を組み合わせ、想像力を働かせて様々な解決を

していく力・・・

つまり、「見えないチカラ」こそが、

将来の生きる力の土台になり、これからは大切に

なってくるのです。

 

この文章を目にして、間もない時、るんるん組のAくんに

「もも先生、〇〇だよねぇ~」と私の言動を見て、聞いて

いたからこそ発することができる共感の言葉に驚きました。

保育士が見て、聴いて、共感することと同じことを

2歳のAくんが、私にしてくれたのです。

「そうだねぇ~」と共感しながら、Aくんが私のことを

見て、聞いていてくれたんだなぁ~とうれしくなり、

どっちが大人でどっちが子どもなんだか(笑)

 

こんな、うれしい場面が保育と子育てにはあり、

その反面、「イヤイヤ」「じぶんで!」と泣いて、怒って、

という場面で、「どうすればいいんだろう」考えて、悩んで

あの手この手で、ほめたり叱ったりがうまくいく時もあれば、

うまくいかない時もあり・・・

 

天使!天才!と思うこともあれば、魔の2歳!

と思うことがある今日この頃

子ども達の「見えないチカラ」を保育士として親として

大切に伸ばしていきたいです!

 

はぐはぐ・るんるん組  竹 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?