MENU

園のこだわり

元日登山

2014/01/24

2014年元日、初めて開聞岳に登りました。

開聞岳は、標高924mできれいな円錐の形をしており、
日本百名山にも指定されています。薩摩富士とも呼ばれ
まさに南薩摩のシンボルです。
楽しい大晦日の夜更かしもそこそこに早めの就寝を一応し、
某有名メーカーの〇ニクロのヒートテックを6枚着込み、
ホッカイロを2つ貼り、頭にはヘッドライト、手には軍手を身に着け
明け方の4時から、さぁ出発です!!

 

人がやっと一人通れるくらいの狭い所、滑るじゃり道、足を大きく上げなければ
登れない岩、崖の横をロープを持って渡る…など、運動不足な私は、はじめ
登ることを後悔してしまったくらい、なかなか過酷な山登りでした。

休憩しながら3時間。なんとか登ることができた時には、
まずガッツポーズ!!!!ができないくらいへとへとでした。

しかし、ボロボロな私に『しらゆき保育園の先生ですよね?』
と声をかけてくださる方が…。

なんと、以前受け持った子のお父さんとお兄ちゃんだったのです。
こんな所で会うなんて!!という感動と声をかけてくれたことに
とっても嬉しくなりました。

高い所で見る初日の出はとってもきれいなピンク色で、
今年も良いことがあるように一生懸命祈願しました(笑)

山登りの醍醐味はなんといっても登った時の達成感!!
もありますが、全く見ず知らずの人とすれ違う時に
交わす挨拶の心地良さもあることを初めて知り、
とっても得した気分になりました。

 

頴娃の方言で『1度(いっど)登いばか、2度登いばか』
という言葉があります。

意味は、登ったらすばらしいことがたくさんあるのに
1度も登らないのはばかだ!!
あんなにきつい思いをして二度も登るのもばかだ!と
言われているそうです。

ぜひ、いつかお子さんと登られてみてはいかがでしょうか?

はぐ・るん 鶴留

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?