MENU

園のこだわり

鬼は~外 福は~内

2014/02/03

今日は2月3日、節分です。

“節分”は毎年恒例の園の大切な行事の中の一つで、
行事のお集まりが始まる前から、
豆を投げて鬼を追い払おうと意気込む子、
また鬼来るのかなとソワソワする子と様々な
表情を見せていました(*^_^*)

節分のお集まりでは、
節分についての話があり、
なぜ豆を投げるのかや
一人ひとりの心やお腹の中にいる鬼を振り返ったり
恵方巻きづくり(紙で)を見ました。

 

 

 

 

 

その恵方巻きづくりの際、
「“でんぶ”とはなにでできているでしょう?」という
職員でも知らない人がいた質問に
のびのび組のTちゃんが「おさかな!!」と
答えることができたことにはビックリで、
「すご~い」と拍手喝采でした☆

節分の最後はみんなで豆まきをします\(^o^)/
鬼の登場に怖くて涙する子もいましたが、
怖くても泣きながら「おには~そと(T_T)」と
頑張って豆を投げていた子どもたちも
たくさんいて、きっとこの子どもたちは
心の中にいる鬼を退治できたのではないかなと
感じました。

 

 

 

 

 

保育園にいると一年間様々な行事にふれ、
日本や鹿児島について知ることができるとともに
もう一年たったんだなと行事ごとに
振り返る機会にもなります。

これからも子どもたちとともに
一年間行事にふれ、季節を感じながら
過ごしていきたいです。

フリー 松下

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?