MENU

園のこだわり

母子健康手帳

2014/03/11

昭和52年8月29日

私の母は、3冊目となる母子健康手帳を

交付してもらいました。

 

その手帳には、母の妊娠中の経過、

私が生まれたれた出産の状態、

それぞれの月齢での健康検査の記録、

予防接種の記録などが書かれてあり、

そのページの所々に、

母の手書きで私の成長が書かれています。

 

母乳の飲み具合、便の様子、笑ったこと、

おもちゃを手に握って遊んだこと、

首が座ったこと、抱っこをするとよく寝て、

ベットにおろすとすぐ起きること・・・など。

 

私がこの手帳を手にしたのは、

母が手帳を手にしてから三十数年後、

私が妊娠してからでした。

自分が妊婦となり、母子健康手帳を

交付してもらった時に、

「これからは、あなたが持っていなさい」

と手渡されました。

 

同じ鹿児島市から交付された、母と私の

2冊の母子健康手帳。

 

私も母と同じように、手帳の所々に

娘の成長と発達の様子を書き込んでいます。

健診の際に、「豆粒みたいな字がいっぱい。

でも、これはとても大切よ」と保健師さんに

言われました。

 

いつの日か、私も母のように手帳を娘へと

手渡す日まで、大切にしたいと思います。

 

はぐはぐ・るんるん組  竹 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?