MENU

園のこだわり

仲直りに苦戦 

2014/05/13

きらきら組の女の子が喧嘩をして泣いていました。
子ども同士で話し合い解決できるよう促すと、
どうしても話し合いたくないMちゃん。
謝って解決し仲直りしたいCちゃん。

Mちゃんは涙が止まらず気持ちが落ち着かないようで
Cちゃんは話し合いができないと私に助けを求めてきました。
二人で解決してほしいと思いつつ・・・・
Cちゃんから喧嘩の原因と自分が悪いから
謝りたいという気持ちを聞きました。
その話を聞いたMちゃんは増々涙が溢れだし泣くばかり。

「悔しかったのね」と言うと抱きついてきたので、
そのまま落ち着くまで様子を見ました。

二人の喧嘩の仲裁に入って良かったのか。
戸惑いながらも・・・・・
Mちゃんは涙が止まらず泣くばかり。
悔しさでいっぱいだったのでしょうね。

Cちゃんは泣くMちゃんを見て、
仲直りできないと思ったのでしょう。
仲直りできない状態のまま担任にバトンタッチ。

中途半端にその場を離れることになって
これで良かったのか?と反省。

子どもたちの喧嘩は、
これからもたくさん見守っていくと思います。
子ども同士が相手の色々な思いを感じて苦戦しながらも
仲直りできることを信じて見守っていけたらと・・・
“見守る”事の大切さを日々勉強中です。

非常勤 鮫島

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?