MENU

園のこだわり

お月見団子

2014/09/10

先日、十五夜の行事に参加しました。
担当の保育者から9月は1年の中で一番きれいな月だということ。
9月のお月さまにはすごいエネルギーとパワーがたくさんあり昔の人は団子を作って
お月さまの光の当たった団子を食べると病気をせず元気に過ごせるということ!などの
話を聞きました。大人のわたしでも「そうなんだ~」と改めて分かる事もいくつかありました。

そんな今日の3時のおやつは…「お月見だんご!」あんこときなこの団子がバットに盛り付けられ
厨房から上がってきたのを見て、子どもたちよりも興奮したわたし(笑)

 

 

 

 

おやつをもらいに来る子どもたちも団子を見て「十五夜だから団子!?」午前中の行事で聞いたことが
実際におやつで出てきたことで、「これ食べたら病気しないね!」とあんこが苦手な子も「食べない!」と
言う子はおらず「あんこがあまりかかってないやつください!」と食べようとする意欲を見せてくれたり
「まだまだ食べたい!」と駄々をこねたり…(゜o゜)色々な子どもたちの姿が見られました。
この日は厨房の先生方が多く団子を作ってくださりおかわりがありました。
すごいスピードで食べて長い列になりおかわりをもらいにくる子どもたち(*^_^*)
その姿を見て、「この子たちは、病気もせず健康に過ごせるなあ」と思うことでした。

 

1年間を通して色々な行事があります。昔から言われてきた伝統的な事も
子どもたちに伝えていき体験出来ることは体験しながら一つひとつの行事を大切に季節を感じながら
過ごしていきたいと思います。

わく・のび・きら 月グループ 碇山

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?