MENU

園のこだわり

菜園

2014/12/01

大きな木にオレンジ色の花がびっしり。

近寄ってみると渋柿が色づいている光景。

小さい頃、運動会前に渋を抜いて食べた記憶があるが

現在は色々な果物があふれ、手間がかかる柿は

見捨てられているようだ。

木の上で熟した柿は、鳥のえさになっている。

渋抜きの方法は、温泉を利用したり

焼酎にヘタをつけたり

稲わらと芋づるを煮て、その汁に漬けたりと

先人の知恵が生かされている。

 

今、実家の菜園畑には、大根、パセリ、あさつき

高菜、三つ葉、いんげん、水菜・・・

発砲スチロールのプランターにスナップエンドウ

白い花が咲き、小さな実をつけているイチゴ。

冬の寒さにも負けない野菜たちが勢揃いした。

これらの野菜の手入れは欠かせない。

手をかけた分だけ答えてくれる。

まるで子育てと同じように思える。

無農薬で安心安全。

新鮮が何より嬉しい。

これからの楽しみとしたい。

 

非常勤 小牟禮

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?