MENU

園のこだわり

素敵な出来事

2014/12/05

先日は久しぶりにぐんぐん組に入る機会がありました。
久しぶりに入ったことで、前より一回りも二回りも心身ともに成長している子どもたち。
食事では、苦手だったものが食べられるようになったり、
排泄では、保育者が促さなくても「トイレ!」と自ら伝えたり…。
(寒いせいか、午睡の後はおもらしのオンパレードでしたが・・・笑)
一人ひとりの自立心をとても強く感じました。また、お話も上手になって
ちょっとした演技で大笑いしてくれる子どもたちはとてもかわいかったです♡
そんな一日入った中でとてもほっこりした話。

ままごとゾーンで「お友だちにスプーンとられた。」と訴えてきたK君。
「自分でスプーン返してって言ってみようか。」と伝えてはみたものの、
K君の性格上、優しいから言えないよな~。と思って遠くから見ていたら
案の定、下を向いてなかなか言えないK君。そんな近くにいたMちゃんは一言。
「あっ持ってるよ。」と自分が包んでいたお弁当箱の中からスプーンを
取り出し、「はい、どうぞ。」とK君に渡してあげました。
K君は嬉しそうにそのスプーンを握りしめました。

きっとMちゃんはスプーンをとられた時からずっと見ていたのでしょうね。
こんなにもさりげなく行動に移して、それにはとても深い思いやりがあって
私はとても心が温かくなりました。
ついつい自分のことで精一杯になりがちですが、
共に生きる子どもたちや仲間をもっともっと大切にしたい。
そんなことを感じさせる出来事でした。

3・4・5 西郷

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?