MENU

園のこだわり

☆節分☆  

2015/02/03

今日、2月3日は“節分”です。

保育園でも節分の行事を行い
“節分って何?”
“どうして恵方巻を食べるの?”
ということについて知り
豆まきをして心の中の鬼を追い出しました。
朝保育室で...
子どもたち:「今日鬼が来るよね!」

保育者:「心の中にどんな鬼がいるの?」

Cちゃん:「にこにこ鬼(´∀`)!」

Aくん:「強い鬼o(^▽^)o!」

保育者:「先生は怒りんぼう鬼(・`ヘ´・;)...」

と、鬼の話でもちきりでした。

 

豆まきでは、鬼の面が付いた傘目掛けて
新聞紙で作った豆を玉入れのように投げ楽しんで
いるところに...可愛い?!鬼が登場!!

鬼にすぐ気づき、さっと保育者の後ろに逃げる子
鬼目掛けて、「鬼は~外!」
と、元気よく新聞紙豆を投げる子
大泣きをして逃げる子...と、大騒ぎ!!

たくさんの豆を投げられ“参った、参った”と
鬼が帰って行くと子どもたちは一安心の表情でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お食事では、自分たちで恵方巻を作り
西南西の方を向いて黙ってもくもくと食べていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっぴり怖い思いをしましたが、これで心の鬼を追い出し
今年一年病気をせず、元気に過ごせると思います。

 

~節分について~
昔のカレンダーでは、2月4日から春なのですが
新しい神様を迎え入れるために、その前の日に鬼を
追い出して、お家をきれいにしましょうということで
豆まきをし、豆をまいたら年の数だけ豆を食べます。
節分に豆を食べると、丈夫になって長生きができるそうです。

節分のとき、「鬼は外、福は内!」と言うのは
“鬼は外”は、悪い鬼は出ていけという意味
“福は内”は、いいことや楽しいこと、嬉しいことが
たくさんありますようにという意味があります。

 

ご家庭でも是非、“季節(の行事)を楽しむ♪”ということで
豆まきをされてみてください。
ぐんぐん 小野

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?