MENU

園のこだわり

噛むことの大切さ

2012/05/21

最近、噛まない、噛めない、飲み込めない子が
増えてきているようです。
よく噛むことによって、虫歯の予防や情緒の安定、
脳の活性化にも繋がることが知られています。

 しらゆき保育園では
『色々な食材を子ども達に食べてもらいたい』
『よく噛んで食事をしてもらいたい』という思いから
白米のほかに玄米も食事で出しています。

 最初の頃は
「なんかへんなあじがするー」
「においがいやだー」
などと、言っていた子ども達も多かったのですが、
今では、
「しろいごはんよりげんまいのほうがすき♪」
「やっぱりまだにがて」
など反応は様々です。
玄米だけに関わらず、日々の食事の中で
「よく噛んで食べてね!!」などの声かけを行っていますが、
食事づくりの中でも、食材を大きく切ったり、噛む食材を
加えたりなど、子どもたちの噛む習慣が自然と身に付くような
工夫をこれからも行っていきたいです。

 追記:来月は虫歯予防月間!!
 食事には、豆カレーやカミカミスナックなどよく噛んで
食べるメニューを取り入れます。
子どもたちがどのような反応をしてくれるか楽しみです☆
お食事チーム   大迫

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?