MENU

園のこだわり

思いやり♪

2015/10/27

すっかり秋も深まり、日が落ちるのが早まってきました。
子どもたちは外で自然と触れ合ったり、活動で季節の雰囲気を
味わったりと園生活を楽しんでいます。

今日はぐんぐんの思いやりエピソードをひとつ紹介します。

山公園へお散歩に出かけたぐんぐんの子どもたち。。
いつものように散歩リングを掴みながら散歩をしていました。
向かう途中のグリーンベルトでは、散歩リングを放して、
かけっこする時間もあり、楽しみながら目的地を目指しました。

公園へ着くと、山登りが始まりました。とてもたくましい登りを見せたぐんぐん
の子どもたちは、あっという間に登り、登頂!!

しかし、下る際に問題発生!怖くて下りれない女の子がいたのです。
「どうするかな・・」と子どもたちの様子を見ていると、一人の男の子が
「おりれないの?お手てつなぐ?」と言い、手をつないで一緒に下りました。
思いやりある行動に感激でした。

その後、公園の遊具で思い切り遊んだ子どもたちは、また歩いて帰ります。
グリーンベルトに入り、散歩リングを放した子どもたちは、かけっこに向けて
並びました。

「よーい!どん!」とここでもうひとつの問題発生!!
ひとりの男の子がつまづいて転んでしまったのです。
一斉に走っていったため、転んだ男の子は置き去りに・・・
涙を流していた男の子は立ち上がるまで少し時間がかかりました。
しかし、そこへひとりの女の子がやってきて、ゆっくり立ち上がった
男の子の隣を、何も言わずに歩いてくれました。

ただ隣に寄り添うというこの行動に、たくさんの思いやりが感じられ、
すごく感動しました。

子どもたちの素直な姿勢から、人として考えさせられることは多く、
いつも勉強になります。
子どもたちの素直な気持ちや思いやり・・・
素晴らしいなと思い、心が温まりました。

 ぐんぐん組 吉山

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?