MENU

園のこだわり

宝物

2020/03/19

はぐはぐ・るんるん組の且です。

今年度も終了し、1年を振り返るとたくさんの思い出があります。

4月当初は、寂しさと不安でいっぱいだった子どもたちも、保育者や友だちとの
関わりを通して大きく成長しました。
できなかったことも今では一人でもできるようになり、
苦手な野菜も自ら進んで口に運ぶようになり、
子どもたちはいつも
自信に満ち溢れていました。

子どもたちが嬉しそうに
「できたよ」と伝えてくれる姿を見て私たち保育者も
同じくらいいつも嬉しい気持ちになりました。

私自身も初めての担任で不安もありましたが、
いつも子どもたちの笑顔に救われてきました。
子どもたちと過ごす毎日が私にとっては大きな宝物です。

これからの子どもたちの成長を楽しみに見守っていきたいです。

1年間たくさんのご協力ありがとうございました。

 

まねっこ、まねっこ

2020/03/18

わく・のび・きらの柿内です。

先日、園庭遊びをしている時、のびのび組の子どもたちが
短縄をしていました。

その姿をじっと見ていたぐんぐん組の子どもたち。

しばらくすると「やってもいい?」と短縄に手を伸ばし
短縄に挑戦する姿がありました。

のびのび組の子どもたちが上手に跳ぶ姿をじっと見ながら
跳ぶ真似をしていました。

手は一生懸命動かしていますがなかなか縄が前には回りません・・・。
足もぴょんぴょん動かしていますが縄は前には回ってきません・・・。
でも、気持ちは見ている限り確実に跳んでいるような表情でした!

異年齢で過ごすことで子ども同士で刺激を受けあっている姿を
目の当たりにしました。

ぐんぐん組の子どもたちが縄を跳べる日が来ることを楽しみにしています。

 

1年間を振り返って

2020/03/17

ぐんぐん組の小林です。

 

早いもので3月も半ばに入り

今年度も残りわずかとなりました。

 

1年間を通してぐんぐん組のこどもたちは

様々な経験をし心も体も大きく成長しました。

 

るんるん組さんを見て

「あれっ?!ぐんぐんさんも4月はこんなに

小さかったっけ?」と感じる程です。

 

 

最近ふとした瞬間にこどもたちの姿から

4月はこうだったのになぁとこどもたちの

成長を振り返り目頭が熱くなることがあります。

 

 

苦手な食べ物も自ら口に運ぶ姿

友だちを誘いあい遊びを楽しむ姿

友だちから良い刺激を受け様々なことに挑戦する姿

困っている友だちがると「どうしたの?」と

声を掛け寄り添う姿や

トラブルが起こると仲裁に入り

自分たちで解決しようとする姿

 

 

他にも沢山の姿が見られるようになりました。

 

1年間1人ひとりの成長を担任として

近くで見守ることができて幸せでした。

 

早くわくわくさんになりたい!という期待で

胸がいっぱいのこどもたち。

1年間沢山の感動をありがとう!

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?