MENU

園のこだわり

わたしはおばあちゃん

2012/04/12

先日、大笑いした事がありました。

きらきら組の子どもたちがなぜかよく私に肩もみをしてくれます。

「気持ちいい?」「どこが痛い?」「こっちとこっち、どっちが気持ちいい?」
私をいたわってくれる心のこもった肩もみに「幸せだな~!」と感じていました。

「〇〇くんって肩もみ上手だよね!」とN先生に言うと、
「えっ!!されたことありませんけど・・・」
「えっ?本当? A先生は?C先生は?」
「ないです・・・」
「ん?私だけ?」

不思議に思って子どもたちに聞くと
「N先生も肩が痛いの?痛くないと思ってた~。」
「だって~M先生は痛そうだもんね~。おば~ちゃんだもんね~。」

あはははは~!!!

私たちは大爆笑♪♪
言った子どもたちはどうして笑っているの?って感じで
不思議顔♪♪
笑い声に引き込まれるようにそれを見ていた小さい子たちは
私たちの膝に座ってきて
わけもわからず一緒に笑っていました。

私は、こんな時間が大好きです!
信頼できる仲間がいて、
子どもたちがそばで笑っていて・・・

なんともいえない幸せな空気♪♪

保育園には幅広い年齢層の職員がいます。
若い職員は、元気があふれていますし、
中堅の職員は経験を生かした保育ができます。
子育てをしている職員はわが子のように
接することができます。

だから子どもたちには保育園に
お姉さんがいたり、ママがいたり

おばーちゃんがいたりするんですよね!!

だからいいなっ 保育園♪

月グループ  塩崎

   

毎日の楽しみ

2012/04/12

毎朝、野菜を切っていると厨房を見下ろす二階の窓から
コンコンコン……と音が聞こえてきます。
上を見上げると、
かわいい子どもたちの姿が!!!

口パクですが「今日のごはんは?」や「それなーに??」
など尋ねてきてくれます。
私たちも口パクでそれに答えます。

が、なかなかお互いが上手く伝わらず…
あれれ???(^-^;)
これが私たちと子どもたちとの1日のコミュニケーション
の始まりです。

今度は玄関から見える厨房の窓をトントントン…と叩く子どもたち。

毎日の子どもたちとの関わりで、食事を作るやる気が出てきます。
これからも、子どもたちのために楽しくて笑顔になれる食事づくりが
出来るよう頑張ります。
お食事チーム  大迫

お誕生日

2012/04/11

 しらゆき保育園では、全体で毎月行うお誕生会がありません。
「一人ひとりのお誕生日を大切にしたい」という思いから、
毎月のお誕生会ではなく、その子が生まれた日に、
みんなでお祝いすることになりました。

 

 お誕生日の子は、朝、職員室のコスチュームコーナーへ行き、
自分の好きなコスチュームや小物を選びます。
キラキラのカウボーイハット・ケーキ帽子・
ティアラなど、あらゆるコスチュームがあり、選ぶだけでドキドキ・ワクワクして、
笑顔いっぱいになります。

 変身したその時から、お友だち・保育者・保護者、会う人みんなに
「おめでとう!お誕生日なんだね。」「かわいいなー!」など、
たくさん声をかけられ、とても嬉しくなります。
一日中コスチュームをつけているため、お祝いの言葉も一日中かけられ、
気分はお姫様や王子様。
一年に一度の大切な日ですから、こんな日があってもいいですよね。

 
 15時のおやつでは、ミニ誕生日ケーキが出てきます。
チョコケーキとロールケーキの2種類から選ぶことができ、
お皿にも「おめでとう」のメッセージが書かれています。
周りのお友だちも「自分のお誕生日にもこんなふうにしてもらえるんだ!」
と期待を持ちながらお祝いしてくれます。
とても素敵な誕生日ですよね。

 もちろん、職員も同様に行われます。4月11日本日は、
私とお食事チームの職員との2名が誕生日で、
私もケーキ帽子をかぶって過ごしました。

 はぐはぐ・るんるん組に入ると、コスチュームを見て気づき、
「せんせー、ケーキ!」「おめーとー(おめでとう)!」と
小さい子ども達も一緒にお祝いしてくれました。
 これも「子どもも大人もきらきら輝ける保育園」ならではの環境の一つであり、
これからもみんなの喜び・感動・奇跡の日を
一緒に共感できる保育園でありたいと思います。

                                                 はぐはぐ・るんるん 栗野

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?