MENU

2012年 4月

問題意識

2012/04/27

普段の生活において、
色々なことに自ら問題意識を持たなければ、
何も気付かないままであるように、

例えば保育園という場においても、
社会や時代の変化に気付かず、
今までがそうであったからという理由だけで、
根拠のない保育を続けることは
未来ある子どもたちに対し
少しだけ先を生きる大人として
恥ずかしいことなのでは…と考えます。

しらゆき保育園の目の前の子どもたちに
いつでも真摯な心で向き合い、
変化を恐れずチャレンジし続けることは、
一見小さな世界を守っているようで、
実は大きな世界を支えることに
つながっているのだろう、と信じています。

日本の幼児教育が変わろうとしている今、
子どもがどこの地域や場所で暮らしても、
子ども自身の権利がそれぞれ平等に保障されるような、
そんな制度改革であって欲しいと願い、
今後も私たち自身がアンテナを張り忘れないよう
気をつけて行きたいと思います!

副園長原田

“お友だちといっしょ”って楽しいね

2012/04/27

最近のるんるんの子ども達は自分の好きな遊びを見つけたり
お友だちと一緒に遊んだりとたくさんの
“お友だちといっしょ”を経験しています☆

遊びや食事・お昼ねに靴下や靴を履く!
トイレや苦手なものもお友だちと!!

 

 

こんな場面が・・・・

 

牛乳が嫌いなRくん。
なかなか飲めなくてイヤイヤといっていたので
「Rちゃんと乾杯してみる?」
と言ってみると、、、、、

「あんぱーい(かんぱーい)」と言うとググッグ!

あれだけイヤイヤと言っていたのに
全部飲めていました(*0*)
それをじっと見ていた新入園児のSくん。
コップを乾杯している2人のほうへ・・・

「あんぱーい(かんぱーい)」「あんぱーい(かんぱーい)」
と2人がSくんを交えて!!

勢いがよくてコップの中の牛乳は
こぼれてしまいましたが
3人はとても嬉しそうに笑って
また「あんぱーい(かんぱーい)」・・・

思わず私も笑っちゃいました!

 

苦手なものもお友だちと一緒だと
楽しく飲めるし笑い合えるのだと感じました。

新入園児も在園児も関係なく
安心して笑い合いながら“お友だちといっしょ”
をたくさん感じていきたいです(^^)

はぐはぐ・るんるん 川野

長崎最終日

2012/04/26

昨夜は遅くまで全国から集まった先生方と
熱く保育を語り合い、各地の保育を知り
たくさんの学びがありました。

最終日の今日は、
世界の保育について改めて学習し
その中で、私たちは日本の保育をどのように
捉えていくべきかを考えました。

特にこれからは、日本が先進している
乳児からのつながりとしての幼児教育や
きちんと発達から捉える保育を大事に
それらを発信していかなくては、
ということでした。

学び合いは、ワクワク・ドキドキ。
保育の話はどうしてこんなに楽しいのでしょう 、
そこに志を同じにする仲間がいて
三日間の研修はとても充実していました。

まだまだ課題はありますが、
明日からもまた保育園で
実践を深めていきたいと思います。

副園長原田

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?