MENU

2012年 5月

「私の好きな瞬間」

2012/05/31

朝、ぐんぐん組のお部屋に入ると、
タァーーーー!!と走って来て、
ぎゅっと足にしがみついてくる子どもたち。

目が無くなってしまいそうな位ニコニコしながら、
「先生。おはよう」と少し恥ずかしそうに挨拶してくれます。

私は、その瞬間子どもたちをぎゅーっと抱きしめたくなると同時に
心がほっこりと温かくなります。

毎日のことですが、気がつくとその瞬間を楽しみにしながら、
お部屋に入っている私がいることに気付きました♪

こんなことを思いながら働くことが出来ている私は、幸せだなって思っています。
明日もこの瞬間を楽しみに、出勤したいと思います!!

ぐんぐん組   柿内

出逢い

2012/05/30

私はこのしらゆき保育園でまさかの再会をしました。

幼稚園の時の担任M先生との再会です。
まさかM先生と一緒に働くことができるとは!!
幸せ!!
幼児期に思った「大きくなったら先生になりたい!」は
もちろんM先生の影響大です。

自分の体験から思うこと・・・
それは、「乳幼児期の影響力は大きい!」
外からの影響力を非常に受ける大事な時期です。

バスの運転手になりたい。
ケーキ屋さんになりたい。
消防士になりたい。

見たもの、知っているものでなければ
それに憧れることもありません。
無限の可能性をもっている子ども達に
いろんな世界、人との出逢いを体験してほしいです。

0・1歳児では、こんな姿があります。

ままごとコーナーの流しの所でお皿を洗う仕草をする子。
一人が歌いだすと数人がつられて歌いだす子ども達。

家族、友だち、保育者・・・
たくさんの人的環境が感じられる瞬間が
一日の中でも数え切れないほどあります。

子ども達は、これからもたくさんの人と
出逢いを繰り返していきます。
そんな子ども達と出逢えた喜びを感じ、やりがいをもって
今後も子ども達の成長を見守っていけたらと思います。

たくさんの人との出逢いに感謝です。

はぐはぐ・るんるん組 遠藤

ぽんっ!

2012/05/29

毎朝私は、小学校の校門の前を通って通勤します。

あれは8時過ぎのことでした。
校門の前にさしかかろうとした時、一人の女の子が
校庭を覗き込み、隠れるようにして立っていました。

「どうしたのかな~」と校庭を見ると、
数名の子どもたちが掃除をしていました。

「あっ!!遅刻しちゃったのかな。」と思ったのと同時に「がんばれ!!」と
私は、ハンドルから手を離して両手で背中を押す仕草をしていました。
その瞬間、鳥肌がたちました。

す~っと女の子が学校の中へ入っていったんです。
「よし!」と思わず車の中で大声で叫び、
ガッツポーズをしていました。

その日は一日、その女の子の事が気がかりでした。
あれからお友だちの中に入っていけたかな~。
お友だちから何か言われたんじゃないかな、って。

でも、きっと大丈夫!!
子どもの力はすごいから・・・

そんな事を考えていると、
4月に1年生になった28人の子どもたちに会いたくなってきました。
もし、何か困っていたら「あなたなら大丈夫!」って背中を押してあげたいな。

実は、私もよく背中を押してもらっています。
この前は保護者の方に励まされました。
「目の前の子どもたちは笑っているよ!」と
元気付けられる 言葉をいただきました。

何気ない言葉に「よし!」とパワーをもらえる事に感謝しています。

今、目の前にいる子どもたちが1歩を踏み出せないとき
そーっと「ぽんっ!」と背中を押してあげたいと思います。

私がそれで頑張れるから・・・(^-^)♪

月グループ   塩崎

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?