MENU

2012年 11月

再挑戦

2012/11/30

朝日新聞を購読して三十年余り、
若い頃は結構隅々まで目を通していたけれど
今では、眼鏡なしでは読めす、大きな見出しに目を通すだけとなってしまった。

十年も前からコラムの『天声人語』をノートに書き写していたが、
三日坊主に終わった。

今年十月から『天声人語書き写しノート』を購入。
再挑戦して二ヶ月が経つ。

その道のプロの方が書かれた文章の丸写しだけれど、
送りがなや漢字の練習にもなっている。
何よりもボケ防止に役立つかなと思いながら
続けていけたらいいなと思っている。

時間はたっぷりあるのだから・・・。

事務 小牟禮

大好きなトマト?

2012/11/29

今日は、はぐはぐ・るんるん組さんのお部屋にある
絵本コーナーを紹介します。

絵本コーナーは子どもたちが落ち着いて絵本が読めるようにと
他のコーナーより狭くなってます。
本棚と机が一つと切り株が4つ置いてあります。
切り株といっても本物ではなく
丸型の大型積木に麻布を巻いて見立てたものです。
子どもたちは切り株に座って絵本を読むのが大好きです。

ある日、Sくんが野菜の絵本を読んでいました。
この絵本は野菜の写真と名前が書いてあるもので
チームの先生が作ってくれました。

「読んで」とSくんが持って来たので
私は、一つひとつ「これは?」と質問をしました。

きゅうりを見ると、
Sくん:「トマト」
じゃがいもを見ると、
Sくん:「トマト」

どの野菜を見ても「トマト」と答えるSくん。
最後にトマトが出てきました。

”Sくんの待っていたものだな~”と思っていると
Sくん:「にんじん!」と大きな声で答えてくれました。

予想していなかったので思わず笑ってしまいました。
すると、Sくんもニッコリ。
「もう1回!」と何度も野菜の絵本を読んでと頼まれました。

Sくんと私のやりとりを見て
Hくん、Nちゃんも野菜の名前を言ったり
写真を見たりと興味をもってくれて賑やかに!

こんなことを繰り返しているうちに
最近、野菜や果物の名前と写真が一致する子どもが
増えてきました。

そんな様子をおたのしみ会で、お父さん・お母さん方に
お見せしたいと思っています。
楽しみにされていてください。

はぐはぐ・るんるん組 福永

 

 

おたのしみ会へ向けて

2012/11/28

12月のおたのしみ会に向けて
昨日は1回目の予行練習を行いました。

0歳児のはぐはぐ組から5歳児のきらきら組まで
それぞれ舞台に上がりました。

 

今回は、衣装を着用せずにプログラム順に進めました。
子どもたちは、自分の出番を待つ間に
他のクラスの演目を観覧する時間もあり、
はぐはぐ・るんるん組の小さな子どもたちの出番には
お兄さん・お姉さんが一緒に歌をうたって盛り上げてくれました。

舞台と客席が一体となり楽しい雰囲気に包まれ
何ともあったかい気持ちになりました。

そして、2歳児、345歳児と成長するにつれ
その舞台上の姿の立派なこと・・・

今年は特に、言葉・表現に特化した舞台になっており
それぞれの年齢の姿は見ていてとても新鮮です。

子ども一人ひとりの言葉、表情。
舞台のすぐそばで見ていると
その息づかいまで伝わってくる感じがします。

当日までにはまだ時間があるので
今はまだ恥ずかしくて小声だったり不安そうだったりする姿が
これからまたどんな風に変化し発展していくのか
期待はふくらむばかりです。

次回の予行練習では、衣装も着用します。
さらに子どもたちは張り切って
舞台に立ってくれるものと思います。

副園長 原田

子ども・子育て支援センターしらゆき 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?