MENU

2012年 12月

今年もありがとうございました

2012/12/28

少し体調を崩し保育園とブログをしばらく
お休みさせていただいていました。

年末の忙しい時期にお休みをいただきながら
色んな事を考えたり眠ったり・・・^^
その間、長男は学校や児童クラブ、次男は保育園と
それぞれに日中過ごす場所があること
特に、次男はまだ小さく家に一緒に居るとなると
とても安静にとはいきません。
こんな時に保育園の有難みを改めて感じました。

保育園は日中家庭で保育する人がいないこと
その多くは就労を理由に
子どもたちをお預かりしています。

私自身も自分の仕事を理由として保育をお願いしていますが
こんな風に体調を崩したとき、日頃からお世話になっている
信頼できる人たちにいつもと変わらず子どもをお願いできることは
子育てにおいて大きな安心だと感じました。

親は少々のことでは寝込んだりはしていられませんが
日頃、家庭で子どもをみているお母さん方は
今回の自分のような時にはどんな風に過ごしているのだろう・・・
と考えたりもしました。

もちろん保育園のような場所だけでなく
祖父母をはじめ周囲の人にたくさん支えられながらの子育てです。
日頃からの関係の大事さを感じます。

改めて自分の子育てを考えたり
保育園の役目を考えたり
そんな中で来年に向けて深めていきたい思いも湧いてきました。

今日は保育納めで、
子どもたちと年内最後のお集まりをしました。

明日から少しの冬休み・・・
楽しい年末年始を過ごし、
みんなでまた元気に会えることを楽しみにしています。

今年一年お世話になった皆さまへ
心から感謝を申し上げ
また来年も共に子どもたちの成長を喜び合い
楽しい一年を過ごせますように・・・
どうか良いお年をお迎えください。

副園長 原田

あっという間の1年でした♪

2012/12/28

今年も残りあと4日!
あっという間の1年でした。
今年最後のブログを書こうと思ったとき
今までのブログを見返しました♪

「あ~こんな話あったな!」「あっ!だったねぇ~!」
「こんな想いがあったんだ~」思い返すことができ、
ブログに残すことで1年間を見返す楽しさがありました(o^^o)♪

初めてブログを書いたときは、
何を書いたらいいんだろう・・と思ったり、
どうしたら気持ちが伝わるかな・・・と考えながらでした。

今では、日々の中であったことや伝えたいことを
いろんな保育者の目線や書き方で伝えることが出来、
保護者の皆さんと今まで以上に色んな場面や思いを共有
できるようになってきているのではないかと思います!!

お帳面や登降園時だけでは伝えきれないお話を
これからもブログを通して伝えていけたらいいなと思います(^^)

そんな今年最後のお話は・・・・

おたのしみ会が終わったあと、
Kくんのお母さんが私に、
「先生、おたのしみ会よかったね。
先生たちも緊張するよね~。子どもたちへの声かけよかったよ!
びっくりした!^^」と話してくださいました!!

あがり症の私は、人前に出て何かをするのはすごく緊張します。
もちろん!おたのしみ会当日も緊張・ド緊張で本番を迎えました!!

舞台の裏では・・・・・・
子ども達に声をかけながら私も手のひらに人の字を書いて
気合を入れていました!笑

出番が終わりお部屋に帰るとき、
「みんなの可愛い姿が伝わったかな?」
「普段のように声かけができてたかな・・」

と思っていたのでK君のお母さんの言葉に
涙が出そうになりました。

K君のお母さんだけでなく、
お帳面での保護者の方からのコメントにも
励まされました!!

私自身2年目でまだまだです!
もっと先輩方の良いところを吸収して、
子ども達のいろんな姿を伝えられるように
なっていきたいと思います(^^)

さぁ~無事おたのしみ会も終わり、
クリスマスも過ぎました!

あとは、年末ゆっくり過ごす方や大掃除する方、
旅行に行かれる方もいるかもしれませんね!!

残りの4日も無事に過ぎますように(*´▽`*)

それでは、
良いお年を~☆彡

今年も1年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします♪♪

はぐるん 川野

「ありがとう。」

2012/12/27

前は恥ずかしくて言えなかった言葉が
最近自然と言えるようになりました。
最近言えるようになったということも
恥ずかしいのですが・・・(>_<)

言えるようになったきっかけは
社会人になってからです。
周りの先生方が
1つ1つの行動に対して
「〇〇してくれてありがとう。」
と言うところから
私も段々と言えるようになってきました。

私が小さいことを手伝っただけで
「ありがとう。助かった。」や
「これしてくれたの?!ありがとう!」と言ってもらい
「ありがとう。」という言葉に自然と嬉しい気持ちが
込み上げてくるのを感じました。

不思議と自分の親に対しても
「ありがとう。」という言葉がでてきて
以前はこんなことで「ありがとう。」
と思わなかったのにな・・・
と気持ちの変化にも自分自身すごく驚きました。

周りの環境が大人になった私にでも
大きく影響していると気づき、
さらに子どもたちにとっては、先生という存在が
大きな環境になっているのがわかりました。

子どもたちが私たちを見て良い影響を
受けられるように一緒に過ごしていきたいです(^o^)☆

月グループ 塩屋

子ども・子育て支援センターしらゆき 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?