MENU

2014年 11月

表現あそび♪ はやっています!!

2014/11/28

先日は、おたのしみ会へのご参加、ありがとうございました。
それぞれの年齢に応じた劇や合奏、歌などがあり、
昨年より成長した子どもたちの姿が見られ、私自身もすごく感動しました。

舞台袖にいると、子どもたちの緊張感が伝わってきて
私までドキドキしてきて、ピアノを弾く手がガタガタ震えるくらいでした。

また、おたのしみ会が終わり、保護者の方からたくさんの温かい言葉をいただき
とても嬉しい気持ちになりました。

今、以上児のお部屋では、舞台上で『表現あそび』を楽しんでいます。
きらきら組さんが、わくわく組の劇を演じたり、のびのび組さんが
きらきら組の劇を楽しそうに演じたりしています。

お友だちの役・セリフをよーく覚えていて、いろいろな役になりきっています。
「〇〇役がいないよ~」と聞こえてくると保育者が「はーいやります❤」
と仲間に入ることもあるんですよ(*^_^*)

役の中でも人気なのは、ナレーター役!!来年はナレーター役をやりたい!!
という子どもたちがたくさんいます♪

おたのしみ会を通してみんなで演じることの楽しさを味わっています。
子どもたちがにぎやかに遊んでいるところは、笑顔がいっぱい咲いています。

  
非常勤 内原

おたのしみ会を終えて

2014/11/28

1回目、2回目の予行練習や、
345歳児の子どもたちは前日に
子どもたちのおたのしみ会として、
お互いの発表を最後に見合いっこして
当日を迎えました。

その都度、発展していく内容に感心したり、
発表の最後の方になると最初の意気込みはどこへやら
退屈になるのか何となく不安気になったり、
見ている方は微笑ましくもあり、少々焦ったり。

初めておたのしみ会に向き合う職員は
子どもたち以上にドキドキや焦りもあったようです。
それをチームを超えてサポートしてくれる職員がいて
これまでの経験をさりげなく声掛けしてくれていました。
そして、子どもたちの劇を温かく包み込むピアノの音色
音楽が得意な人はいいなぁ・・・
こんなに多くの人に愛を届ける事ができてと思いながら、
子どもたちと一体になる職員が羨ましくもありました。

自分が楽しんで取り組もうという気持ちになった時、
子どもたちから、もっと劇ごっこがしたい!!という声が多くなって
自分もどんどん楽しくなりました。
というのは新人さんの声。

日々忙しい中での大きな行事は、時にとても負担になります。
けれど、普段から、
互いにどこで誰の役に立てるだろう、と心を配り合ったり
子どもと一緒に過ごすことの楽しさを感じていることが
何より、子どもたちにとって楽しい行事を迎えることに
つながっているのだなぁと思いました。

当日は、私たちの不安を吹き飛ばし
笑顔、アドリブ、やりきる姿、何とたくましい子どもたち。
大好きな人たちに見てもらいたい気持ちがあふれていて、
その意欲は、大勢の人たちの子どもを思う気持ちから培われるものだと実感しました。

おたのしみ会を終えて

2014/11/27

子どもたちの成長を間近で感じたおたのしみ会。

子どもたち同士の中で見せ合いっこをしながら準備してきた発表を、
当日は、舞台の幕が開くと目の前に大勢の大人。
大好きなお父さんやお母さん、家族。

これまでのおたのしみ会を思い出しながら
今年、初めて参加する子も多い01歳児の子どもたちは
きっと泣いてしまう子もいるだろうなぁと想像したりしましが、
そんな予想を裏切って、何とも堂々たる子どもたちの姿。

その目の前で、子どもたちを笑顔で見守り進行する1・2年目の職員。
すっごく落ち着いていて楽しそうで、いい雰囲気だったねぇ。
先生たち、すごいね。
と保護者の方より声をかけていただきました。

舞台上や舞台袖には、ベテランの先生たちが寄り添います。
いつもより少し緊張はしているけれど
いつもどおり笑顔でがんばれるのは
子どもたち、そして仲間が一緒だから。
春から積み上げてきた、子ども同士、子どもと職員、職員同士・・・
そんな人と人との関係がその場に表れているように思いました。

その日を迎えるまでに色んなドラマがあったことでしょう。
子どもたち一人ひとりにも、職員一人ひとりにも
それぞれのエピソードがとても尊くて
大きな行事を終える中で、その意味を深く感じます。
今しばらく、その余韻を味わっていたいと思います。

子ども・子育て支援センターしらゆき 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?