MENU

2014年 11月

表現あそび♪ はやっています!!

2014/11/28

先日は、おたのしみ会へのご参加、ありがとうございました。
それぞれの年齢に応じた劇や合奏、歌などがあり、
昨年より成長した子どもたちの姿が見られ、私自身もすごく感動しました。

舞台袖にいると、子どもたちの緊張感が伝わってきて
私までドキドキしてきて、ピアノを弾く手がガタガタ震えるくらいでした。

また、おたのしみ会が終わり、保護者の方からたくさんの温かい言葉をいただき
とても嬉しい気持ちになりました。

今、以上児のお部屋では、舞台上で『表現あそび』を楽しんでいます。
きらきら組さんが、わくわく組の劇を演じたり、のびのび組さんが
きらきら組の劇を楽しそうに演じたりしています。

お友だちの役・セリフをよーく覚えていて、いろいろな役になりきっています。
「〇〇役がいないよ~」と聞こえてくると保育者が「はーいやります❤」
と仲間に入ることもあるんですよ(*^_^*)

役の中でも人気なのは、ナレーター役!!来年はナレーター役をやりたい!!
という子どもたちがたくさんいます♪

おたのしみ会を通してみんなで演じることの楽しさを味わっています。
子どもたちがにぎやかに遊んでいるところは、笑顔がいっぱい咲いています。

  
非常勤 内原

どんな気持ち?

2014/11/27

ぐんぐん組では、朝のおやつの前に自分がどんな気持ちか知ってもらおうと

ニコニコ(^-^) メソメソ(´・ω・`) プンプン(`・ω・´)のどれかに

自分の顔写真がついたクリップをはさんでもらいます。

初めの頃は、どれにしようか迷う子が多かったのですが

最近では「今日、ニコニコで来たから、ニコニコにしよう」

「ママが良かったからプンプン」「朝、泣いたからメソメソ」など

自分の気持ちを伝えてくれる子がいます。

自分の気持ちには関係なく、はさみたい所にはさむ子どもたちもいますが、

みんな楽しく取り組んでいますよ。

 

ある日の夕方、男の子チームと女の子チームに分かれて椅子取りゲームをしました。

最後まで残りチャンピオンになったS君とKちゃん!!

インタビューで、「どんな気持ちですか?」と聞いてみました。

S君は少し考えた後、「ニコニコ」と笑顔で答えてくれました。

自分の気持ちを言葉で伝える事で、周りの友だちは相手の気持ちを知ることが出来ます。

友だち同士でトラブルが起きた時、自分がされて嫌な事はしないよう子どもたちに伝えています。

これは大人になっても大切な事だと思います。

自分の気持ちに向き合い相手の気持ちを尊重出来るような心の温かい人になって欲しいです。

私も忙しいと相手の気持ちを考える余裕がなくなってしまう時があるので、

ぐんぐん組さんと一緒に成長していきたいです。

ぐんぐん組  福永

赤ちゃん!!

2014/11/26

大人からすれば、1歳児クラスは
生まれて1~2年の、まだまだ小さな”赤ちゃん”
かもしれませんが、

1歳児クラスの当の本人たちからすれば
「自分たちはもうお兄ちゃん・お姉ちゃんだもん!❤」
そんな意識があるのかも知れません。

るんるん組の子どもたちは、
自分より小さいはぐはぐ組の赤ちゃんたちに
興味津々で、赤ちゃんを見つけると
指を差して「あかちゃん♡いた♡」と言ったり、
隣に寝転がって顔を覗き込んだり、
抱っこしたがったり。

こーんな小さな子どもでも
「お世話したい!」「かわいい!」
そんな気持ちはしっかり芽生えているのですね(^_^)v

小さいころから、自分より小さい子がいる意識があり、
すぐそばで生活していることで
子どもたちは「赤ちゃんって泣くんだ」と
学んでいるのかもしれませんね!

小さいころから、色んな人との関わりがもてるのは
きっと保育園ならでは(*^_^*)♡

これからも色んな人との関わりを通して
”思いやりのある子ども”
”お世話じょうず♡”

になって欲しいな…♡と思うことでした(^○^)❤❤

 

  

赤ちゃんと同じ目線になり、おもちゃを渡して、
遊ぶ様子を覗き込むるんるんの男の子たちです♪

 

はぐるん 佐多

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?