MENU

2016年 7月

数年前・・・

2016/07/29

今週、私が三年間通っていた学校の後輩たちが四日間交代で観察実習にきていました。

そして、はぐはぐ・るんるんの部屋にも毎日二人ずつ緊張した表情でお部屋に入る後輩たち。

その姿を見て、学生の頃に観察実習で初めてしらゆき保育園に来た時の気持ちを思い出しました。

まだ、その時は入学したての一年生で一度しか行っていない実習での体験を思い出しつつ、しらゆき保育園での先生方の動きや保育の流れを見るのにいっぱいで質問がなかなできなかった頃の自分。

それからも、しらゆき保育園での観察実習があるたびに参加し、どんどん変化していく保育室を見て先生たちが子どもたちの成長に合わせて環境を整えている思いに感動したことを思い出します。

そのことを思い出しながら後輩たちを見て、子どもたちにどう接していけばいいのだろうか…、どんなことをすればいいのだろうか…、と戸惑う姿に初々しさをに感じつつも、あの時の自分との姿に似ていると思いました。

その後、後輩たちに今日一日を通しての感想を聞くと「初めて、赤ちゃんを抱っこしたり、一緒にご飯を食べたりして緊張して大変だったが、いい体験になって楽しかった。」と言っているのを聞いて、自分もあの時に同じような感想を言っていたのだろうなぁ~と思うと、なんだか学生の頃の気持ちに戻ったような気分になりました。

 

この、数日で学生の頃の新鮮な気持ちに戻ることが出来て、また新たに頑張っていきたいと思いました。

                            はぐはぐ・るんるん 下豊留

この4ヵ月の間に・・・

2016/07/28

こんにちは、ぐんぐん組担当の福田です。

ぐんぐんの担当になり約4ヵ月が経ちます。

この4ヵ月の間にぐんぐん組の子どもたちは大きく成長しました。

食事ではお箸を使い食べることができる子どもが増えたり、

洋服を自分で脱ぎ畳めるようになったりと

段々と自分でできることが増えてきました。

その中でも自分が驚いた子どもの成長があります。

保育室で保護者のお迎えを待っている時、

A君が友だちにぶつかってしまい泣いてしまいました。

するとB君が近寄り「いたいの?」と言い頭を撫でていました。

それでも泣き止まないA君

次はCちゃんが玩具を持ってきて

「これであそぼうよ!」とA君を慰めていました。

友だち思いの優しいぐんぐんさん

これからどんな風に成長するのか温かく

見守りたいと思います。

避難訓練での出来事♪

2016/07/27

毎月、一回様々な災害の避難訓練を行っています。
不審者が来たり、火事が起こったり、
津波がきたり、地震が起こったり・・・
内容は様々です。

先日、厨房から火事が発生した際の
避難訓練が行われました。

朝のお集まりで
避難する際に気をつけること等確認をしました。
その時に子どもたちの方から
「怖くても、泣いてしまったらスーって息を吸い込んで
煙が体に入るから、頑張って避難する」
という声が上がりました。
こちらから発信したのではなく
子ども自ら考えて発した言葉に
すごく感動しました(*^_^*)

ベルが鳴り、いざ避難訓練が始まると
みんな素早く避難を始めました。
するとその中で、わくわく組の女の子が
怖くて少し泣き始めてしまいました。

それを見ていたのびのび組の男の子が
さっと近くに寄っていくと
「泣いたら煙が入っちゃうよ!!」
とすごく必死な表情で伝えていました。
それを聞いた泣いていた女の子も
すぐに泣き止みさっと避難の準備を始めました。

その場面を見て
必死な中でも相手を思いやる気持ちを忘れていないところ、
周りを見ることができていることに
すごく感動した出来事でした♡♡

これからも毎月一回行われるこの避難訓練で
命の大切さを伝えていきたいと思ます。

わくわく・のびのび・きらきら 小畑

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?