MENU

2019年 1月

笑いビスク

2019/01/31

療育チームの東村です

 

「笑いビクス?」聞きなれない言葉に魅かれて

先日研修会に参加しました。

事前に「笑いビクスとは」を検索してみると

アニマル浜口さんの、とにかく笑い続ける事で

落ち込んだりすることがなくなるというもので

何があろうと「ワッハッハー」と笑うという内容が書かれていました。

 

さて当日の「笑いビクス」は

講師の先生が大きなバックを持って登場

その中身は?

こども用サッカーボール位のふぁふぁしたソフトボール

「背中にボールを当てて下さい」から始まりました。

ボールを使ったヨガとエアロビクスを合わせたような運動で講師の先生の

ユーモアたっぷりの口調と動きにお腹の底から笑いながら「笑いビクス」を楽しみました。

面白い動きの中にリンパを流す、バランス力を養うなど理に適う動きが盛り沢山♪

初めて出会った参加者の方々と

笑う事を通してみんなの輪が広がり心が和み

楽しいひと時を過ごしました。

 

アニマル浜口さんの「笑いビクス」とはちょっと違いましたが

笑いがもたらす血行促進、脳の活性化、筋力アップなどのプラス効果を体験出来ました。

 

日頃、子どもたちの笑い声に癒されたり元気をもらったり

笑顔は人と人を繋ぐ大切な感情表現

 

「笑う門には○○来る」

福でしょうか?健康でしょうか?

「笑う」ことの大事さに気づかされた時間となりました。

悔しい

2019/01/30

ぐんぐん組の戸島です。

先週ぐんぐん組でイス取りゲームをしました。

曲に合わせて弾むようにイスの周りを歩いていた子どもたち。

曲が止まると急いで空いているイスに座ります。

「はい、今座っていないお友だちは応援席に行ってくださーい」

その保育者の声に、

その場で移動を拒否して泣き出してしまう子。

応援席で突っ伏して号泣する子。

泣くのをこらえて怒り顔になったり、抱っこしてほしがる子・・・。

表現は様々でしたが、みんな「悔しい」に溢れていました。

 

4月からあそびや生活の中でたくさんの喜怒哀楽を見せてくれた子どもたち。

初めてこんなに本気の「悔しい」に触れることができ、驚くのと同時に

その姿の可愛らしさにニヤニヤを顔に出さないよう我慢するのに

苦労しました。

ルールのある遊びも少しずつ難易度が上がってきて、

とうとう悔しい思いをする程本気で取り組めるまでになっていたこの一年。

そんなぐんぐん組もあと二ヶ月。あっという間です。

 

素直な感情を見せてくれる子どもたちとの時間を

大切に過ごしていきたいです。

憧れから、真似っこへ!

2019/01/28

わくわく・のびのび・きらきらの下豊留です。
まだまだ寒い日が続いていますが、しらゆきこども園のこどもたちは
今日も元気に園庭やテラスで思い切り体を動かして遊んでいます。

今回紹介するお話は、テラスあそびを楽しんでいる子どもたちの出来事です。
朝夕に思い切り体を動かしたい子どもたちは、
保育者と一緒にテラスで鬼ごっこやかけっこ、リレーなどの走る遊びの他に
バイクや縄跳び(短縄)で遊んでいます。
わくわくさん、のびのびさんはバイクに夢中の中、短縄を取り出すきらきらさん。
「せんせ~い、見て~」と前跳びや後ろ跳びを披露しては、
次に二人跳び!短縄を自由自在に使う姿に
わくわく・のびのびさんは、憧れの眼差しで見つめていました。
その後、短縄がその場にいた人数分ないと気付いたK君。
「ねぇ~、次は”いろはにこんぺいとう”しよう!」と提案しました。
ルールが分かっているきらきらさんはすぐに「いいね!やろう!」と役割を決めて遊び始めました。
ですが、聞きなれない遊びを耳にしたわくわくさんのK君やYちゃんは、
「え?いろはにほへと?」「こんべいとうって何?」と頭の中は(?_?)状態。
2人のきらきらさんが二本の縄を上下に動かして、
「い~ろ~は~にこんぺいとう、上か下か真ん中かえいやっ!」と歌いながら、
楽しそうに後ろを向いていた子どもたちが「上!」「真ん中」と言いながら
縄をくぐっている姿をみて「へんなの~」とわくわく・のびのびさん。
ですが、そんな事を言いつつも、不思議な歌ときらきらさんの動きに釘付けでした。
だんたん見ていくうちに、ルールと歌を覚えたようで
みんなで”いろはにこんぺいとう”の歌をうたっては、縄をくぐる友だちを応援!
応援していくうちに自分たちでもやりたくなると、
きらきらさんと同じように短縄を二本取り出しては
”いろはにこんぺいとう”をして楽しんでいる姿が見られました。

やっぱり、きらきらさんの姿はわくわく・のびのびさんにとって憧れの存在であり
遊びの見本になっているのだと感じました。
これからも、異年齢との関わりの中で広がる遊びを見つけ、
発展していく様子を見守っていけたらと思います。

 

 

 

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?