MENU

2019年 6月

雨上がりの園庭で

2019/06/27

わく・のび・きらの鶴迫です。

 

雨が降ったり、日差しが強かったりと日によって天気が違うため、

その日の様子を見ながら活動を調整しています。

雨が降った翌日の良く晴れた日、戸外へ出ると、

のびのび組の男の子が「かたつむりを見つけたい」と園庭を歩き回っていました。

「どんなところにいそう?」と尋ねてみると、「じめじめしたところが好きなんでしょ。」と答えてくれましたが、

その”じめじめしたところ”がどこなのか、わからないようです。

すると、近くで聞いていた他の子が

「こっちじゃない?」と園庭の隅の木がたくさんあるところを指さしました。

それからは、2人で葉っぱを1枚1枚丁寧に見て回り、戸外遊びの時間中ずっと探していました。

残念ながら、かたつむりは見つからなかったようですが、

お部屋に帰ってからは今度は紙に描いたものを切り、それを使って遊んでおり、

「今度は本物のかたつむりを見つけるぞ」と意気込んでいました。

知っていることや経験を元に、様々なあそびを楽しんでいる子どもたちです。

 

七夕製作で...

2019/06/26

はぐはぐ・るんるん組の且です。

先日七夕製作を行いました。

「のりを少しだけ指につけて...」

飾り付けの導入から子どもたちは興味津々!

DSC00599

「やってみる?」

「やる!!!」

と、子どもたちはやる気満々でした。

DSC00602 DSC00603

思った以上にのりが手に付いてしまい苦戦していましたが、

「ちょんちょん」

と、職員がお手本を見せると子どもたちも真似をして

「ちょんちょん!ちょんちょん!」

「できた!」

とても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

最初は難しくても諦めず真似をしながら出来る達成感は

大人でもとても嬉しいものです。

製作に限らず、日々の生活の中でも

子どもたちは考え、工夫し、少しずつ出来るようになっています。

そんな子どもたちの成長をこれからも見守っていきたいです。

園内研修

2019/06/25

療育チームの竹です。

6月22日(土)の午後より、保護者の方のご協力のもと職員の園内研修の時間とさせていただきました。

今回の研修では、子どもたちの散歩コースとなっている小松原公園、グリーンベルト、中塩屋公園、射場前公園(山公園)に職員が分かれて実際に行き
危険箇所がないか、またそこでの遊びについて写真で記録を撮り、園に戻りグループごとにまとめて発表しました。

私は、グリーンベルトに行きました。
普段、子どもたちと歩く時は、子どもたちの姿に目を向け、そのうえで、回りの車、他の歩行者、自転車の動きなどに目を向けますが、大人だけで歩くことで改めて、注意深く周りに目を向けられ、グリーンベルトの囲いとなっている柵に針金が巻き付いたままになっていたり、ベンチ、遊具等の木材の腐敗に気づきました。
また、交通量が多い場所だからこその安全に行き来する際の大人の立ち位置、子どもたちの姿を見ながらも、車の動きや回りの異変に気付き、対応するためにアンテナを常に張り巡らせておくことの重要性を感じました。

また、自分のグループでの共有だけでなく、他のグループの発表を聞くことで、今回、自分が行かなった場所についても、全員で共有することができ、職員の共通理解ができる貴重な学びの場となり、有意義な時間を過ごすことができました。

この園内研修での学びが、保育者のスキルアップ、保育の質の向上となり子どもたちのために、または保護者の方のためになるよう、日々の保育に
活かしていきたいです。

皆さまのご理解、ご協力に感謝いたします。
ありがとうございます。

⑤
⑥
⑧

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?