MENU

2019年 12月

楽しみな食事の時間

2019/12/05

お食事の樋渡です。

12月に入り、朝晩寒くなってきましたね。

一年もあっという間に過ぎようとしています。

そんな中、子どもたちの成長もすごいです。

ぐんぐんさんも1月からの移行に向けてトレーの

練習が始まり、とても上手にトレーにお皿やスプーン

などをのせて、自分で食べられる量を保育者に伝えて

テーブルまで運んでいきます。

はぐるんさんも、一緒に食事をしていると

「美味しいねー」「これはみかんだよー」と

色々お話をしてくれます。

子どもたちの一瞬一瞬の成長も一緒に共有できる

食事の時間が私はとても楽しみです。

しらゆきチャンネル 

2019/12/04

療育チームの竹です。

今年度からしらゆきこども園の職員会議の中に
「しらゆきチャンネル」という写真や動画を見て
保育を語ってみよう!という時間があります。

今までに・・・
・写真を見て子どもたちが何をして
 どんなことを考え、話をしているでしょう。
・子どもたちのあそびは、どう発展したでしょう。
・保育者が準備した素材や道具を見て、
 子どもたちはどんな反応をし、どうやって
 遊ぶのでしょうか。

など、その月のお当番になった職員が写真や動画を
準備して話し合いの場や情報共有の場となっています。

11月のお当番では10月の理念研修を受けて
保育者のやってみたいこととしてあげられた
「園庭の草、木、花について知ろう」をテーマに
しらゆきチャンネルの準備をすすめました。

園庭の草、木、花の写真を撮り、園庭のことを
よく知っている先生方に草、木、花の名前を
教えてもらって名前入りの写真をラミネートし
写真カードを作成しました。そして、
絵が得意な保育者が園庭の絵を描きました。

これらを使い、職員会議でのしらゆきチャンネルでは
3つのグループに分かれ、写真カードの中から5枚の
草、木、花カードを選び、園庭のどこにあるのか
園庭の絵の上に並べ、その草、木、花について
iPadを使って調べて発表しました。

グループの発表で出た内容としては

いちょう・・・しらゆきこども園のシンボルツリー
       恐竜の時代から生き延びてきていて
       姿はほとんど変わっていない。
       寿命は数千年とも言われている。
      「生きた化石」火事や地震にも強い。最古の木。

ユーカリ・・・平川動物公園にコアラがやって来た時に
       園庭に植樹する。昭和59年に
       オスが2頭来鹿し翌年にメスが4頭やって来た。

けいとう・・・にわとりのトサカに似ていることから
      「鶏頭」けいとうという。赤の他には
       オレンジやピンク色もある。

この他にもグループからの発表では、初めて知ることがあり
今の季節だけでなく、春夏秋冬それぞれでの見ごろや
その季節にしか見れない、味わえないことがあり
これからの季節が楽しみになりました。

今回、使用した園庭の絵や写真カードは、秋のものでしたが
これから冬、春、夏の園庭の草、木、花の写真カードを作成し
各クラスに配り、子ども達とも一緒に楽しみ、
親しんでいきたいです。

                

   

 

      

       

サッカー大会

2019/12/03

 わくわく・のびのび・きらきら組の齊野です。

 11月17日(日)に健康の森公園でサッカー大会があり、のびのび・きらきら組の男の子たちが出場しました。私も保護者の方たちと一緒に子どもたちの応援をしたいと思い初めて行きました。

 

 公園につき子どもたちを見つけたので手を振ると子どもたちが「えっ!先生たちこんなにたくさん応援に来てくれたの!?」と、とても驚いた様子で保育者が何人なのか数える姿がありました。

 

 試合が始まるまで自由時間なので子どもたちを見ているとお父さん、お母さんや友だちとパスの練習やゴールキーパー、シュートの練習など自分がしたい練習を決めて試合に臨む姿が見られました。そのくらい試合は子どもたちにとって真剣なものなんだなと改めて実感しました。

 

 そして、試合が始まり笛がなると応援合戦のように「頑張れー!」「ボール見るんだよー!」「走って!!」と応援している私たちも必死です。子どもたちも一生懸命ボールを追いかけていました。転んでも起き上がり走る姿は、たくましさを感じました。

 

 シュートが入ると子どもたちも応援する側も大歓声が上がり、外れても「大丈夫だよ。」「惜しかったね。」と応援側から励まされたりアドバイスをもらったりその言葉に子どもたちも首を縦に振りまた走って・・・

 

 その一体感がとても心地よく子どもたちの頑張りたい、勝ちたい気持ちとお父さん、お母さん一生懸命頑張ってほしいという気持ちが一つになってるなと思いました。 

 

 みんなの思いと子どもたちが頑張ったこともあって、なんと3試合全て勝つことができました!子どもたちも全て勝つことができたことで自信がついたようでもっと頑張りたいと意気込んでいました。

 

 普段、園の中ではあまり見ることのできない姿を目にし子どもたちの頑張りに感動しました。

 

 試合が終わり帰ろうとするとKくんが私たちに「先生、頑張るから次の試合も見に来てね。」と言いにきてくれました。私たちが応援したことで子どもたちのパワーになれたのかなと嬉しくなりました。

 

 次は、2月に試合があるということだったので冬の寒さを吹き飛ばすような力いっぱいのプレーに期待しています。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?