MENU

2019年 12月

今年も1年、お世話になりました

2019/12/27

わくのびきらの鶴迫です。

元号が「令和」へと変わり、今年はどんな1年になったでしょうか。

子どもたちは、よく遊び、沢山泣いたり笑ったりして元気いっぱいでした。

同じクラスの子はもちろん、違うクラスの子どもたちとも

園庭や行事などで一緒に過ごす機会があるのですが、

少しの時間でも、親しみをもって関わる子どもたちの姿が見られています。

 

そんな子どもたちと、12月に、クラス関係なく好きな活動を選んで楽しむ日、を

”オープン保育”としてやってみました!

ダンスやペープサート作り、積み木や絵描き歌、はぐはぐ組さんと風船あそび・・・。

自分で好きなものを選び、それぞれの遊びを楽しみます。

その中で、年上の子を頼ったり甘えたりする姿、

お兄ちゃんたち何作ってるの?と興味を寄せる姿、

小さな子が階段を使う時に危険のないよう自ら付き添ってあげる姿など、

沢山の素敵な関わりが見られました。

    

大切な友だち、可愛い年下の子、かっこいい年上のお兄さんお姉さん。

園の中では、沢山の子どもたちの「大切に思う心」や「憧れ」が

溢れているのだなと感じ、とても温かい気持ちになりました。

 

しらゆきこども園は、明日28日で保育納めです。

来年はどんな子どもたちの姿と出会えるのか、ワクワクして待っています。

皆様、良いお年をお迎えください。

 

安心感の中で♡

2019/12/26

療育チームの末吉です。

 先日行われたこども園クリスマスに
センターの子どもたちも4組親子で参加しました。

初めての場所。たくさんの人。ハンドベルやマイクの音ピアノの音。
いつもと違うことがたくさんでドキドキの
子どもたちでしたが、”お母さんといっしょ”の安心感は
”ちょっと怖いな”の気持ちを”なんだろ~”と
興味へと変えてくれました。

 開始から、しばらくすると、1歳児のHくんが
センターの子どもたちの席にやってきました。
Hくんといつも一緒に活動しているAくん、Kくんが
見えたのでしょうか。Hくんの所から距離は
ありましたが、まっすぐにやって来ました。
Aくん、Kくんを見つけると穏やかに微笑んで、
じーっと見つめあいます。
Aくんが「Hくん!」、Aくんの母親も
「Hくん来てれたね」と話かけると
目を見てニコッとしたように見えました。
数ヶ月前は、周りの事象や自分の体に興味があり、
一人あそびを続けていたHくんですが
こうして、”いつもの友だち”と認識して、
目と目で笑いあう姿にとても成長を感じましたし、
嬉しくなりました。
そこには、とても穏やかな空気があり、
お互いの安心感が伝わってきました。

 クリスマス会を通して、母と子の安心感。
見慣れた友だちとの安心感。子どもたちが安心
していられる場所に子どもの成長は生まれるのだと感じました。
心を許せる人、場所こそが、子どもが意欲を持ち続けられる環境に
なるのでしょうね。
皆、最後までクリスマス会に参加することができました。
すごい!

毛糸のポンポン 

2019/12/25

きらきら・のびのび・わくわく組の牛垣です。

暖を取りたくなる季節に登場する毛糸あそび。
只今、ブームなのはポンポン作りです。

U字に切った厚紙に自分たちで選んだ毛糸を巻きつけて、真ん中を糸で絞り結び
上下の輪の部分を切って丸い形に整えていきます。

火付け役は、きらきら組。
はじめた頃は、毛糸を巻き付けてその後は保育者が仕上げていきましたが、
1個、2個と作る事に全ての工程を覚えて
今では1人で作れるようになりました。

作りながらの会話も
「かぞくのぶんもつくってあげたいなぁ~」
「ママのすきないろはこれかなぁ~」
「おねえちゃんがズルいていうから、つくってあげよ」
等々、それぞれ家族への想いが垣間見えほっこりします。

そして、、異年齢保育とゾーンあそびの良いとろ
「なに?なに?」
「そのポンポンどうしたの?」
と、うわさを(笑)を聞きつけた
のびのび、わくわく組もゾーンの場所へ
「くつりたーい」
とやって来ます。
出来上がったポンポンは
鼻に付けて、ピエロ
2個頭にのせてミッキーマウス
カバンに付けて自作のキーホルダー
中には上下の輪を切らずに”リボン”にしていました。

毛糸の色や質感によってイメージが変わり
いろいろ試してアイディア次第で可愛い飾りや
アクセサリーに変身しています。

   

さぁ、次なるあそびは牛乳パック編み機で作る
マフラーでしょうか…楽しみです♡

P.S:息子からプレゼントされたポンポンにヘアゴムを付けて
   髪飾りして身に付けていらしたEくんのママさん…感動

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?