MENU

2020年 11月

咲きますように♡

2020/11/30

わく・のび・きらの永仮です。

先日、のびのび組はチューリップ植えをしました。

一人一つ自分専用の鉢が配られると、とても嬉しそうにしながら「何色のチューリップにしようかな~」と考えていました。

「チューリップは3月に咲くこと」「みんなが咲かせたチューリップはきらきら組の卒園式に使うこと」を伝えると、きらきら組さんにいっぱい優しくしてもらったから大きくて綺麗なチューリップを咲かせたい!と言っていた子どもたち。

チューリップの球根を見るなり「たまねぎみたい!」と目を輝かせながら興味津々になっていました。

「(球根の)とがった方を上にして優しく土をかけるんだよね!?」と友だちと確認しながら球根が見えなくなるまで土をいれ、土にトントンと優しく触れながら平らにし、「いつ咲くかな~」「私の一番に咲くかな~」「大きなチューリップ咲いてほしいな~」と、咲いた時を想像しながら大事そうに植えていました。

チューリップ植をした日から、雨が降った日には「チューリップ大丈夫かな?」と心配する姿や、園庭へ出るとすぐに水をやる姿、お休みの友だちの分まで水をあげる思いやりのある姿などが見られ、とっても大切に育てる子どもたちの姿を見ていつも温かい気持ちになります。

子どもたちに聞くと、水をあげる時には「大きくなりますように♡」と願いを込めてあげているみたいで、水をあげている子どもたちの姿を見ると私も「子どもたちの願いが届きますように♡」とついついお願いをしてしまいます。

大好きなきらきら組のお兄さん、お姉さんのために一生懸命大切に育てているのびのび組の子どもたち。

そんなのびのび組の願いが届いて大きくて綺麗なチューリップが咲きますように♡

 

人形劇「はだかの王様」♪

2020/11/27

ぐんぐんチームの柏木です。

今日は子どもたちが心待ちにしていた人形劇鑑賞が行われました。

登降園の際やお外に出る際の階段の行き来でポスターを見ながら「早く見たな~!」

「人形劇おもしろそう♪」と今日が来るまでワクワクしていた子どもたち。

朝も劇団の車が園庭に止まっていて、子どもたち興味津々(*’▽’)

3階に上がると人形劇用の舞台が用意されていて、子どもたちも保育者も「うわ~☆彡」早く見たいという気持ちでいっぱいになりました。

今日、人形劇をして下さったのは「劇団すぎのこ」の方々。

3名の劇団員の方々が素敵な歌声と登場人物によって使い分ける声色、そして生きているかのような人形の動きでとても楽しい「はだかの王様」を披露してくださいました。

まずはご挨拶という事で太陽のイクちゃんと木のエンちゃんとお歌に合わせてお口の動きを披露してくれました。

子どもたちも手拍子をしたり「あ・え・い・う・お」の口の動きを真似ていました。

 

そしていよいよお話の始まり、始まり!

夢中で人形劇を鑑賞しています!

王様とお妃様のやり取りや王様がはだかのまま登場する場面など面白いところでは子どもたちの笑い声が響いていました。

子どもたちの中には王様を助けようと、嘘をついていることを知らせる姿も(*‘∀‘)

楽しい時間もあっという間に過ぎていき、王様は国の人々の為にたくさん働き、みんなから慕われる王様になるという素敵なお話で幕を閉じました。

人形劇が終わると登場したみんなが出てきてくれて「ばいば~い!」と手を振ってくれました。

子どもたちも笑顔で「ばいば~い♪」と振り返していて、子どもたちの姿からも今日のこの時間が充実したものだったと伝わってきました。

コロナ禍でイベント等の中止が相次ぐ中、子どもたちに笑顔を届けたいと日本中を飛び回っているこのような劇団員の皆さんは本当に素晴らしいなと改めて感じましたし、今日の楽しかった経験を

また子どもたちの表現する楽しさに繋がる活動や保育に活かせられたらいいなと思っています(*’▽’)

お家でも子どもたちと今日の人形劇のお話をされてみてください。

 

 

イチョウの葉に触れて・・・

2020/11/26

わくわく・のびのび・きらきら組担任の大江です。

寒さに負けず、毎日元気に園庭で遊んでいる子どもたち。

先日しらゆきこども園のシンボルでもあるイチョウの木をバックに子どもたちと写真を撮りました。

園庭いっぱいに落ちているイチョウの葉を見て「たくさんあるね!!」「黄色も茶色もあってすごい綺麗♪」と両手いっぱいに集めていました。

その葉っぱをままごとあそびの料理に使ったり、たくさん集めて上から降らせたり、色々な遊び方で楽しんでいます。

また、きらきら組の男の子が「先生、葉っぱでちょうちょ作れるよ」と2枚の葉っぱを組み合わ

せて上手に作って見せてくれました。

その様子を見ていた周りの子どもたちが集まってきて「どうやって作るの?」と興味を持ち始め、一緒にちょうちょ作りに挑戦する姿がありました。

イチョウの葉に触れる中で遊びや子ども同士の関わりが発展した素敵な場面でした♪

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?