MENU

2020年 12月

たくましく生きる

2020/12/28

はぐはぐるんるん組の吉山です。

しらゆきこども園では皆がたくましく過ごしています。
豊かな人間性を持って、自立する力、思いやる力、友だちと一緒に乗り越える力など様々な人間性を育んでいます。

はぐはぐるんるん組の子どもたちは、自分でできることが増えてきて、自分に自信を持っています。そんな中で、最近とてもいいなあと思う姿は、、、
年上の子どもたちです。「手伝いしたい」というと、気持ちいいくらいに上手な優しい声かけでお世話をしてくれています。

靴や靴下を脱ぎ履きする手伝いをしたり、衣服の着替えまで手伝ってくれています。「足、こっちだよ」「もう少し」など様々な声が聞こえてきます。最後には「できたー」と保育者に教えてくれて、とても満足気です。

「自分たちが小さい頃こんな風にしてもらったよねー」と保育者から言われると「えー」と恥ずかしそうにしています。

異年齢での関わりが子どもたちにとって様々な経験につながります。これからも異年齢での交流を通して、新しい時代にたくましく生きる豊かな人間性のある子どもたちを育てていけるよう、環境を整えて見守っていきたいです。

ちなみに、しらゆきファームに今植えている野菜たちもたくましく育っています。大根、小松菜、人参が少しずつ芽を出してきました。寒い中でも一生懸命に育っている野菜を見て、嬉しい気持ちになりました。

2020年も残りわずかです。
振り返ると、コロナウイルスが世界の様々な当たり前を変えてきた一年でした。この状況下でも自分たちが出来ることをこつこつと、、、
新しい生活様式を皆が考え、取り組んできました。
まだまだ猛威を奮いそうで不安な毎日ですが、2021年はまた、どのような年になるか、楽しみを探していきたいです。
年明けは、年末年始の楽しい話や成長話を職員一同でお待ちしています。

今年一年大変な状況下にも関わらずたくさんのご協力をありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いします。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

93歳の現役保育士

2020/12/25

療育チームの東村です。

先日理念研修が行われました。
目指す子ども像=大人像というテーマで、

感情豊かな子ども(大人)
自分で考えて行動する子ども(大人)
他人の気持ちがわかる子ども(大人)
感謝の心を大切にする子ども(大人)

四つの子ども、大人の姿を今までの保育の中で撮りためた写真の中から見つけていくグループワークでした。
日頃の保育の写真を通して共有したり振り返ったり有意義な研修となりました。

歳を重ねてもこのような職員研修に参加出来る事を有難いと思っていた翌日、「自分はまだまだ毎日が勉強」93歳の現役主任保育士の方の記事に出会いました。
93歳になっても、自分はまだまだという気持ちで毎日が勉強、明日はどんなことをしよう、何を新しく学べるかしら?と思うとワクワクし、好奇心と探求心を忘れずに悔いのない人生を送りたいと結んでありました。
93歳になっても現役で学び続けている姿「凄いなぁ」と思い、好奇心と探求心を持ち続けながら子どもたちと関わっていきたいと改めて思いました。

クリスマス会

2020/12/24

ぐんぐんぐみの野岸です

街中ではイルミネーションにクリスマスの飾りに大人も子どもも楽しい気分になりますね。

 

昨日は、子どもたちが楽しみにしていたクリスマス会がありました。

朝から子どもたちも待ちきれない様子でした。

クリスマス会では、クリスマスの意味を知ったり、保育者による楽器の演奏など楽しい時間となりました。

楽器の音に合わせて「あわてんぼうのサンタクロース」や「赤鼻のトナカイ」を子どもたちと一緒に歌いました。

ぐんぐん組の子どもたちもお集まりの時間に毎日歌っていたこともあり他のクラスの子どもたちに負けないくらい大きな声で歌っていました。

そして、きらきら組と園長先生によるキャンドルサービスはとても綺麗でした。

親火から子どもたちへ、火を移し合い皆で小さく揺れる炎を見つめ合いながら願い事を心の中で祈りながら静かに消しました。

サンタさんが登場すると大喜びではしゃぐ子どもたち。

色々な質問にもたくさん答えてくれたサンタさん。

サンタさんからもらった素敵なプレゼントをもらって大喜びの子どもたちでした。

今年も残りわずか、体調を崩さないように年を越しましょう。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?