MENU

ご意見ご要望

保育士の対応について

2013/06/01

【苦情内容】

○2012年4月25日

○内容・要望:
登園後、母親が門入口よりテラスで遊ぶ子どもたちの姿を見ていた時、
車に乗った子に手を出し、顔をひっかき車を奪う我が子に対し、
保育士が腕をつかんで、何か声をかけることなく、その場から引き離したようであった。
手を出した我が子が悪いが、ひっかきやかみつきがあった時、
保育士はいつもこのような対応をしているのか、と園に電話があり話された。

○第三者委員会への報告の要否:否

○苦情申出人と苦情解決責任者の話し合いへの第三者委員の助言、立ち会いの要否:否

 

【解決・改善】

○2012年4月25日

○経過・結果:
お迎えに来られた時に園長も加わり、そのような対応だったことを謝罪する。
かみつきやひっかきが多い年齢であり、事態が発生した時、いけないことだと繰り返し伝えたり
ケガやそれ以上のトラブルを防ぐために子どもをその場から離す場合もあることや
言葉が出るようになると、かみつきも少なくなるなど
子育てについて話をすることで少し安心されたようである。
子ども一人ひとりの発達を理解し、そのような事態が発生しないような環境作りに努め
保護者が安心して預けられるよう対応していくことを職員で再確認した。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?